上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMG_0640.jpg
最近エイデブルフラワーという言葉をよく聞くようになりました、食べられる花、、ですがもともとはヨーロッパではごく普通に食べられていたようです、亭主のいる栃木ではまだなじみがありませんがもともと花は食べられるもの安全な育て方をしているかどうか?だけです、季節それぞれに咲く花は一番旬を演出しているエンターテナー、食べることができれば一番季節を味わうことができると感じています、どんどん花を召し上がれ、、、野菜人、、、。
スポンサーサイト
2015.09.04 / Top↑
DSCF0024.jpg
食後の甘味です、自家製アイスで、中にかんぴょうのワイン煮を入れました、元々かんぴょうは、味の無いもの(亭主は美味しいかんぴょうは旨みがあると思っております)、色々な味に変われ、面白い食材だと感じております、、、、
「おしらせ」   7月28日は貸し切りに店がなります、、1時半まで、すみません、もしお出での御予定でしたら、その後の時間を電話の時に仰ってください、また夜は御予約、承ります、よろしくお願い致します。

昨日、原発事故調査の報告が報道されました、(事故は人災)と聞かされ改めて危機管理意識が無い国だと感じます、事故のレベルも、7 チェルノブイリと同じ、周囲で住めない人々はどう感じたのでしょう、この先40年も住めません、ここ栃木の中禅寺湖も、鱒釣りも放射能が基準値を超え持ち帰りをしない条件で解禁になりました、釣り好きの亭主は目に見えない恐怖をまざまざと感じております、誰が責任を取ると言うのでしょう、推測すれば事故地点から100キロ以上離れていても安心では無いということですね、こんな国に誰がしたのですか?、、問いたい気持ちでいっぱいです、これでは若い方々に結婚し、子供を、、なんて言えません、少子化はずっと以前から若い方々が気がついていたことに様に思います、この国の将来不安を、、やるせない亭主。
2012.07.06 / Top↑
DSCF0027.jpg
昨年の11月来られました、東京からのお客様達が今回も、新しい方たちとお見えになりましたました、今回は結城紬の染め体験で、明日、行うそうです、夕食を自然薯で、、、とのこと、嬉しいですね、またお出で戴けるなんて、、今回は季節の摘み野菜、大根の花、など菜の花を中心に、炊き野菜は定番の蒟蒻、高野豆腐、蕗、早々、取れ始めた、真竹の筍を、木の芽あえ、土佐煮、今回初登場の焼き筍、醤油麹和え、そして小山和牛のステーキ、最後に、自然薯流しの御蕎麦をお出しし、自家製果実酒にほろ酔い御顔をさまされ、宿へお帰りになりました、
「辻売りの鰻屋は、道端へ大きな縁台を出し、その上で鰻を焼き、道行く人びと、に売るのだ。」近年は江戸市中にも、料理屋のかまえで、上品に鰻を食べさせる店が増え、それが一つの流行りになっているけれども、平蔵の若いころには、(あのようなものを食べるものではない)言われていた、、(雲竜剣三、闇より) 
今の鰻屋のはしりはやはり屋台での食べ方だったようです、今年は特に鰻稚魚が不漁で国産ウナギは食べられそうにもありません、近頃ではタスマニヤ産、、などとも聞きますがとうとう蒲焼も様変わりですね、夏バテ対策の鰻、精のつく食べものの代名詞ですが、自然薯、も双璧の一つです、、ようやく梅雨の合間に、夏が感じられるようになりました、自然薯流し蕎麦でも召し上がりに御出で下さり、夏バテ防止を、、、うん、精がつく、、亭主。
2012.06.17 / Top↑
DSCF0011_20120529183343.jpg
ある方から戴いたハヤトウリを東側の棚もとに植えました、此処には5年物の自然薯、ゴーヤ、カボチャ、が植わっています、自然薯は「ムカゴ」取り、ゴーヤが一番早く収穫出来る予定ですが今年は生育が遅いようです、ハヤトウリ、は秋口に取れる予定で、今から何に調理知るか思案中、
「忠吾よ、近頃お前が廻っている所に、何か、うまいものは見つからぬか?」と問われて、忠吾が、「熊井町の東玉庵でだします磯浪そばと言うのが、ちょいと良いもので御座いまして、」「大根おろしに揉み海苔をあしらいまして、なかなか乙なもので、、それに主人夫婦が気だてもよろしく、、」(鬼平、盗賊人相書)このシリーズに登場する食べ物の筆頭は蕎麦です、江戸の人々と蕎麦は切っても切れない間柄のようでした、いまの時代の食文化の、多くは蕎麦屋から出たように書かれております、自然薯でも夜の締めに蕎麦を出し始めました、粗く砕いたとろろを上にかけ、薄い出汁で食べて戴くようにしてみました、一度お試しあれ、、。
「大飯原発再稼働、政府決定、」とありました、「電力不足にやもうえず」、、うーん、、心配です、東日本震災で、日本列島は歪み始め、内陸、何処でも地震発生の可能性が多くなった事に加え、地震による火山活動活発化へ、、との報道もあり、完全な安全は無い状況に思うのですが、、、我々が感じる自然バランスをはるかに超えた地球規模では、ちょっとした身震いが大きな人間社会の災害なのでしょう、いつでも起こる事を考えなくてはなりません、もう1回原発事故が起きたら日本は全体が住めなくなります、ガレキの受け入れ拒否があちこちで起こる事も心配です、、もう一度自分も含めた原点回帰を見直す時期かもしれません。
2012.06.10 / Top↑
逕サ蜒・008_convert_20111130175946
今日30日、いつもお手伝いいただいているO-君とOH君です、おやま有機農業研究会のメンバーで今回は土壌線虫対策に挑戦中、酵母菌と米糠で撹拌、その上に厚手のシートで覆い、地中温度を上げる試みで、計画では60度以上を目指し、効果に期待ですね、今年この場所ではオクラが根こぶ線虫で良く出来ず、苦労しました、この試みがうまくいけば10年目の無農薬栽培が可能ですね、若い力は頼もしい、、嬉しいお手伝い、、、亭主静養中ですから
こんな嬉しいことはありません、このまま越冬し、春先に何を植えましょう、、、、
今年は自分で作ったかんぴょうをクリームとチーズをかけた一品にしてお出ししております、驚きのレシピと評判、
嬉しいのですが来年のかんぴょう栽培が課題に、、、考えましょ、どなたかかんぴょう料理をふんだんにお出しいたしますのでお手伝いを計画(いまから予約)ください、来年はかんぴょうが栃木に来て300年目にあたるそうです、この機会に色々なレシピに挑戦し、地元栃木からかんぴょう料理をひろめましょ、、、がんばるべー。
2011.11.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。