上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSCF0018.jpg
スナップエンドウを5株定植しました、今日は4月30日、ここ数日は気温も高く野菜たちの伸びが早いようです、タラの芽、山ウドもあっと言うまに大きく育ち、食べ頃を逃したものもありました、
この独活、平蔵さんも好きで、盗賊婚礼のくだりに、奥さんの久栄さんに肩を揉んでもらいながら、独活の糠漬けを肴に寝酒をやっているシーンが出てきます、平蔵さんは特にこの山独活が好きだったようです、自然薯は店の畑の片隅に板囲いした所に植えております、中にはおがくずを60センチほど高く敷き詰め、白い部分を多くしてあり、それを取り出し、乱切りにし、黄身酢であえ、小鉢で出しております、やはりこの季節、独活の独特な香りとしゃきしゃきした食感が季節を感じさせます、ワラビ、こごみ、それにウルイの食材が、この連休にお出し出来る様にしましょう、
今年の県北の山菜は100ベクレルを超えて食べられません、本来生活の基本、自然との共生が理想、、と目指す亭主の目標が消えました、山の汚染は特にひどい様で、好きな渓流釣りも出来ません、水、落ち葉、を微生物化してふもとに降りてくるわけですから濃縮される構図になるのでしょう、いみじくも今、南相馬の酪農家のドキュメントをやっつておりました、親子3代目に引き継ぐ事の葛藤が汚染された状況からの語りでした、心の葛藤が親は親の立場、14歳の子供は多感な心で背中を見ながら揺れた情景を画面で見、複雑な気持ちで書いております、立ち向う姿に亭主、複雑な心になりました、、勇気をもらいながら、、誰もやってくれない、自分でやるしかない、、と
語る酪農家の言葉が妙に心残りな夜です。
スポンサーサイト
2012.04.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。