上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSCF1216_convert_20110822105809.jpg
かんぴょうプロジェクト、試食会の模様です、足利のT社がもうすでに量産可能な状態で試食会に持ち込んだ商品です、トマト煮、梅肉あえ、こんにゃくとの煮もの、ゆずとの含め、トマト風味はそれほどトマトが強くありませんがしっかり旨みが付いております、梅肉あえは、好味が分かれます、こんにゃくは抵抗なく、ゆずはさっぱり感が後味です、、、、前回まで本所周辺のお話をしました、東京は今でも江戸の固有名が残っています、東京駅丸の内から皇居に向かい、今はありませんがすぐ外堀がめぐらされ、そこにかかる橋が左から鍛冶橋、正面が呉服橋、右に常盤橋、と掛っておりました、日本橋は外堀と通じている日本橋川にかかり外堀の二町手前、東側にあり、その周辺に金座、銀座、が位置しておりました、松坂屋、山科屋、(高島屋)もすでに位置しておりこの名残は今の地名に残っています、大川(隅田川)は日本橋川を東に下りしばらく行くと合流します、この大川を境に、西を上、東を下町と呼んでおりました、東京駅を中心に皇居(江戸城)に向かい、右奥が上野、浅草、になります、前回本所の話を致しましたが、本所は下町になります、昭和27年ごろ私は石原町2丁目に住んでおりました、下町風情が色濃く残り3軒長屋の一角です、まだ戦災復興が進まず多くの道は砂利のままでした、錦糸町はもっと東、徒歩で1時間程度かかります、公園があり、その東側に大きな時計を載せた建物がありましたが、そこが精工舎、東京の工場でした、まだ外壁も黒くすすけたまま、その様な建物だらけ、遊び場は本所周辺の公園、橋のたもと、焼跡の工場、などで探検、、と称してそこここにもぐりこんだ記憶だあります、今は昔、ですね、遊びの大半はまだ道具などなく、ヨーヨーは急須のふたにひもを付けうまく回して登らせる事が自慢で、大川(隅田川)の厩橋のタモトに上手で子供たちに人気の靴磨きのおじさんが居たことを覚えております、、、隠居の回顧。
スポンサーサイト
2011.09.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/104-e2712e98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。