上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月3日のメニュー野菜丼です、筍、小松菜、ミョウガ、シシトウ、紫キャベツ、高野豆腐、紫玉葱、赤ピーマン、ニラの花、ミニトマト、キウリ、人参、ナス、13種の野菜を、五穀米ご飯にのせ、おからハンバーグにトマトソースをかけた物が一番上に載せてあります、椀はかんぴょう入りの下野汁、香の物は自然薯と切干し大根のたまり漬けです、急いでおられる方は御用命ください、ゆっくり召し上がられる方は何時もの摘み野菜からお楽しみください、今日は台風の余波で大粒の雨と風が強く、テラス側では屋根に落ちる雨の音と、こぶしの木の実が大きな音をたてて屋根に落ちにぎやかです。、、、前回は、大川の厩橋タモトのエピソードでしたが、その下流、蔵前橋の東際に安田庭園があり、旧財閥の別荘(江戸時代、大名下屋敷)日本庭園の山、岩、水、の作りで戦災にも会わずそのままの風情を保ち続けておりました、その北隣に当時は米軍の病院があり4階建てのビルで病室から下を通る子供たちに、ガムやチョコレートを投げよこしていた場面を見ておりました、今思えば拾うのを恥ずかしい行為なのですが、当時は食糧不足、私も含めて甘くとろけるチョコにビックリしながら頬張った記憶があります、何年かのちに戦災記念病院、今の聖路加病院の前進があったのを思い出しました、安田庭園は池の水が大川と続いており潮の満ち引きに応じて池にボラ子、ダボはぜなどが入込、つりざおを持ち釣りに興じた思い出が浮かびます、大川(隅田川)は戦災からしばらくはきれいでした、その後、経済成長と伴に汚染が酷くなり、一時は悪臭で川べりを散策出来る状態ではなくなりました、(今はだいぶ綺麗ですが)また今の国技館はこの橋の西側川向う北側にあり、相撲部屋も私の住む石原町にも吉葉山関の相撲部屋が出来中学まで稽古を見学した記憶があります、場所になると(当時は年間4場所もありませんでした)朝早くから矢倉太鼓の音が聞こえ本場所開催を知らせたものです、その時代は戦災後、環境的には成長前でしたから河の汚れは無く、蔵前橋タモトからお台場行きの水上バスでお台場に海水浴に出かけ、アサリ、牡蠣、などを父親と取りに出かけた思い出を残しました。
スポンサーサイト
2011.09.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/105-ef02e317

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。