上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSCF1325_convert_20111109140358.jpg
おそうえ露地の最後取れきゅうりです、瓜になりましたが短冊に切半日干しのキュウリにします、何本かは自家製
ピクルスに、干しキュウリは後でオリーブオイルで炒め醤油をひとさし、パリパリとした食感と干した旨みがたまりません、これからは大根、かぶ、人参、皮の硬くなったナス、など何でも干し野菜に出来ます、去年の晩秋は
東京から大勢のお客様が来られ、さつま堀と切干大根のビン詰めに興じました、大根を良く洗い、半月に3ミリほどに切、半日ほど干してから300CCくらいの蓋付き瓶にぎゅうぎゅう詰め、上から醤油、みりん、の半割汁をくち一杯まで注ぎ蓋をして半日まてば出来上がり、そうそうそれにそばの赤トウガラシを一本、放り込みましょう、
これが大好評、、メールのお礼とブームの様子が広がりました、今年は遅く植えた大根がまだ細く切干しには少し
速いようです、いまはおろぬきを葉は揚げとの炒め煮、塩漬け、細大根は摘み野菜でお出ししています、
今日はボジョレーの解禁、冷えた白でも傍らに、大根葉の炒め煮に取れ立てピーマンをシラスとあえて、藤岡の知人が書いた現代詩でも読みましょうか、、、秋の夜長の亭主です、明日は知人が大勢で来られます、朝取れの野菜
で振舞いましょう。
スポンサーサイト
2011.11.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/128-e6604509

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。