上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
画像 003
先日の思わぬ雪に姿を替えた自然薯の山桑の木です、冬の雪では、右側に白く残るのですが、春の雪は南から残ります、季節もこんなに違うのですね、それでも季節は遅れ気味のようです、昨日、今年初めてウグイスが鳴きました、ケキョ、、、だけの声です、やはり遅れて聴きました、
昨日は震災からちょうど一年、報道はこぞって特集の画面を映しておりました、10日、深夜、若者の就職特集報道を興味を持ち見ておりました、なかなか就職出来ず長い時間の末、原発関連に出向いた姿を複雑な気持ちで拝見し、この問題は東北、特に原発所在の地区に大きな気持ちのしこりを残すことに危惧致しました、本当は普通の業種企業就業なのでしょうが、今の時期、普通の製造業が所在県に早く復興出来ない状況なのでしょう、亭主、現役時代、原町に関連の得意先があり、何度となく出向いたこともあり、光景が記憶にあるだけに、生々しく感情が解る気が致します、当地の若者はどうすれば良いのでしょうか?何も答えてやれない亭主は心折れ知らずに目元をぬぐいます、電力不足のことに置き換えれば原発肯定なのでしょうが、亭主、反対です、辛抱いたしましょ、戦中派の亭主、食べものも不足、着るもの、住まい、すべて質素でした、人間が万物の長、、など奢らず、辛抱しながら普通の生活が送れる幸せに戻れば良いと思う一年目の三月十一日でした。
スポンサーサイト
2012.03.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/159-507acf29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。