上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSCF0005.jpg
先週末、小山の町から歩いてこられた若者たちです、ウオークラリーで集まられた方々、予定より30分も早く付きました、若さですね、お昼は、自然薯とろろ、五穀米ご飯、トマト、レタス、大根人参のバルサミコサラダ、
高野豆腐、蒟蒻、割干し大根、蕗、の煮つけ、おやまうどん、古漬けとちりめん、さんしょの実の炒め煮、で召し上がられ、珍しい美味しさなのでしょう、3杯もお代わりなさった方も御出ででした、パワーは凄い!
「さあ、今夜は何でも好きなものを召し上がってください。御馳走させていただきますよ」「いつもすみませんなー」「なんの。私はな、失礼ながら、旦那の御顔を見ていると、何かこう、心たのしくなってまいりまして」「酒の肴になりますかな、こんな顔が、、、」「なりますとも、なりますとも、」「は、は、は、は、」蛤と豆腐と葱の小鍋だてが運ばれてきた。鬼平犯科帳、一本眉より、
今の季節、もっともよく感じさせるのは貝たちで、蛤、浅利、蜆、赤貝、青柳、鳥貝、水松貝、、書けば難しい字ですが味わいの優しさは女らしさに通じるものでこの季節ならではと感じます、大根、小松菜、葱、との相性も良く、相互に美味しさを出し合います、(今日の若者もそう期待します)ある週末のひと時、亭主。
スポンサーサイト
2012.05.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/180-e6c7c2b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。