上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSCF0023.jpg
まだお出し始めの、真竹筍、焼き目を付け、特製ドレッシングを散し、木の芽をあしらいました、今、自然薯の旬です、
鬼平の場面に出てくる味噌田楽、を季節野菜で再現できれば、、と考え出来た一品です、この時期、炊き野菜にも(土佐煮)として添えてあります、梅雨の合間にひと雨来ますと途端ににょきにょき出てきます、手早く取らないとすぐ青竹に成長、
お味の方は、孟宗に比べあくが無く、それでもサクとした歯ごたえと、田楽風味の付けタレの相性は自慢の逸品に仕上がりました。
蕗とワラビも一番刈り後にまた食べられそうで、初夏の満喫は今月一杯お出しできそうです、
今日、地元の方々が、三陸へ炊き出しに行かれました、まだ本格的な復興には程遠い状況だそうです、神戸の震災と比べ、はるかに遅い復興ですが、なぜなのでしょう?
昼に報道された当地のお祭り再開、、これに思いを寄せる人々は、不満を吐き出さない東北人気質を祭りに掛けた心のよりどころのように感じたのは亭主だけでしょうか?。   「リーダーが欲しい」。
スポンサーサイト
2012.06.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/186-11a8c30a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。