上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMG_0002_R.jpg
山盛りの料理、大勢いらっした時の写真、手前から焼き人参、右がズッキーニ、ごぼう、こんにゃく、高野とうふ、きゅうりの浅漬、五穀米、おにぎり、おやまぶた、なすの煮浸し、焼きじゃがいも、など、、。
今日、8月15日は67回目の終戦記念日、某TVで終戦についての番組を流しております、亭主、奇しくも戦前生まれ、関心をもって見ておりました、テーマは、もっと早く戦争は終われなか?についてです、6人の関係閣僚の会議と関係機関からの情報が新しく浮き彫りになり、今まで聞かされていたことと違いがあることが分かりました、閣僚は敗北することが分かっていても終わりに具体的な行動ができなかった事です、終戦、3ヶ月前で36万の方が命を落としたことを考えれば、もっと早く終わらせられれば落とさなくて済んだ命です、録音も流され、発言があまりにも利己的な事に唖然、、決められない会議を開き、問題の共有ができずに中立国参戦、を既成事実として幸い、、発言、おそらく原爆も事実としてなし崩し理由で無条件降伏としたと感じる場面でした、この時代から、決められない国家だったのですね、教訓は3月11日と福島事故には生かされず、誰も責任を取らない閣僚が未だに存在し、何も決められない事に紛争しているように受け取れます、国民はどうするのでしょう?戦争開戦から他の国は、我々よりよく分析し、事の仕草を予測できているように思うのは亭主だけでしょうか?
スポンサーサイト
2012.08.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/196-9af6ef41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。