上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMG_0015_R.jpg
イベントに行った流しそうめん、裏山の竹を切り出し、若い方4名で前日から用意し、長さ25メーター、流し口は井戸の東屋、茹でたかんぴょううどんをズズーと流し、竹で作ったつゆ受けを持ち傍から口に運びます、かんかん照りのなか、ひと時の爽やかさを味わったイベントでした、
暦の上ではとっくに立秋も過ぎていますが暑さは真夏、お陰で植えたかんぴょうがまだ勢いがあり、明日の朝もかんぴょう剥きです、4時起き、剥き終り8時の早朝仕事、かんぴょう農家の苦労が身にしみて分かります、でも美味しいかんぴょうをお客様にお出ししたいので頑張るベー、
夕顔の実のバター煮もこれで暫く一品に加えられます。

スポンサーサイト
2012.08.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/199-e7f6922a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。