上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMG_0544.jpg
おもてなしスタッフ、花凛もすっかり冬毛になりました、最近は力が強くかなりの勢いで引かれます、青い草が少なくなり食事はもっぱら落ち葉、畑、大根をねらってダッシュ、気に入らないと頭突きをして意思表示、生意気な年頃、、、
前回、(永遠のO)を書きましたが、引かれた場面がありました、、主人公の祖父の話を当時の方から聞くことになり、現在も活躍中の経済人にインタビュー場面で、、同行したマスコミ者から、特攻は9,11のテロと同じだと言われたことに腹を立てた経済人に(何がわかるか)と一括される場面です、私も体験がありますが、当時の戦争経験者は、あまり詳しく話したがりません、当時の状況を思い出したくないのです、自分ひとりで仕舞い込みたい、そんな事はこの次の世代に経験させたくない、、のです、そこを理解できないで否定されると、、なぜだ、、でしょう、体験者は、沖縄戦が最後でポツリ、ポツリ、と話されたのですが、民間人も含めて食料も無く弾も無く最後はガラスくずをつめて撃った、、と話されていたのが印象です、死ぬことが義務の雰囲気で、、だけど00000万歳と死ぬ人はおらず、父、母、の名前を呼びながら、、と話されたことに本の場面がかぶさり胸にぐっときたことでした、日本人の良いところでもあり欠点でもあるのでしょうが、心の同調がたやすくされやすいのでは、組織力の発揮出来やすい国民性なのかもしれません、そして辛抱強いのでしょうね、、戦後の復興も気持ち、高成長も気持ちの一体化がパワーでは、、と感じる亭主です。
スポンサーサイト
2014.01.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/268-de62801c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。