上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSCF1062.jpg
今日は節分、あちらこちらから豆まきの煎り大豆を戴きました、そのまま食べると歯が持ちません、なぜ煎り大豆なのか不思議に思いましたが、昔の家では土間の部分があり生ですと、大豆の芽が出てしまうので煎る、、とのお話を耳にいたしました、納得するところもありますがほんとはどうなのでしょう、、写真は暮れに新潟の村上から買い求めた塩引きしゃけです、これから頭の部分を切り落とし、郷土料理の(しもつかれ)に挑戦いたします、お味は出来てからのお楽しみ、お店にお出でいただいた方のみ、おすそわけです、今日は節の替わりらしく日差しが穏やかでした、でも冬は寒いことの方が季節を感じます、それよりも畑の野菜たちは水を求めます、雪でも雨でもほしい所ですね。
スポンサーサイト
2011.02.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/45-c6b0ec2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。