上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
譁ー縺九s縺エ繧・≧繝医・繝医た繝シ繧ケ_convert_20110726120918
今年はかんぴょうを自家製で作りました、育てる畑は鹿沼のMさんの畑ですが剥いて干し上げるのはお店の畑にハウスをたて朝から剥いて干し、作り始めました、さっそく料理の一品に、、5センチほどに切り軽く水洗いし、5分ほど煮立てます、好みで和風か、コンソメで、味付けし、(あまり煮てしまうと柔らかくなりすぎます、)今回のソースは完熟トマトとなす、玉葱、ニンニク少々で煮詰めます、塩コショウの味付け、ラタトユ風なソースを作り上にのせて戴きます、バジルの葉をそえた一品になりました、かんぴょうが独特の旨みと食感でトマトの爽やかな酸味とバジルの香りのバランスがちょうど良いレシピに仕上がりました、夏季限定の一品に加えます、今年のかんぴょうは不作のようです、周りの畑は枯れ始めていますので玉が育っていないようですが幸いに植え付けが遅い分、これから成りはじめます、当分朝早くの作業は続きそうです、、、(無言)かんぴょう農家さんの苦労が十分解ります、美味しく食べるには手間もかかるのですよ、、(独り言)試食、、たかが、かんぴょう、されど自慢のかんぴょう料理になりました、、、あなどれない食材ですよ、、世の皆様方食材としてのかんぴょうを見直しあれ、、、ますます混迷するリーダーが問題です、一体国民はどうなるのでしょう、もういい加減誰かが責任をもって、、?出来るのでしょうか?なでしこジャパンのようにみんなで連携し変えなければならないようですが。
スポンサーサイト
2011.07.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jinenjonosato.blog134.fc2.com/tb.php/96-0d515412

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。